由布御所、由布院にある川魚料理がおすすめの老舗日本料理店

自然豊かな地域だからこその恩恵をいただけると評判なのが、築200年を超える茅葺屋根が目印の【由布御所】です。

由布御所は、ヤマメ料理専門店として知名度があり、テーブル11席の用意がありますが、ひっきりなしにお客さんが来店してくるため、電話予約をしてから行くのがオススメです。

オススメメニューはヤマメと山菜を盛り込んだ松竹梅のコースで、梅(2484円)から楽しむことができます。

梅のコース内容には、臭みの少ない新鮮なヤマメを醤油ベースでじっくり照りを出すように炊き合わせた甘露煮や、ヤマメの刺身や唐揚げ、山菜小鉢などが盛り込まれています。

由布御所は手づくりにとことんこだわっており、1つ1つ、味わい深いものとして評価されており、甘露煮も3日ほどかけて味をしっかり含ませています。

たくさんの方々に、ヤマメの魅力を知ってもらうため、定休日を設けずに対応してくれていますし、ヤマメについて知りたい場合には説明もしてくれます。

由布御所は専門店でありながら、一人あたりのランチの相場も2000円台であり、由布院ならではの地元の味を余すことなく堪能できます。

店名:由布御所
住所:大分県由布市湯布院町川上1976-2
電話:0977-85-2027

work_outlinePosted in 和食

本家 山賊鍋 久留米店、福岡県小郡市にある鍋料理で有名な和風料理店

本家 山賊鍋 久留米店は、鍋料理をメインにした和風レストランです。
久留米市から朝倉市に貫ける国道322号線沿いにあります。

山賊鍋の店舗は、田んぼの真ん中にポツンと一軒大きな和風の建物が建っています。
ポツンと建っているので、割と遠くからでも確認できます。

山賊鍋の店舗には、橋を渡ってはいります。
駐車場は広く、駐車スペースには困りません。

店舗内は、ゆったりとしていて、正面には生け簀があります。
席数も400席と収容人数も多いお店です。
席は、テーブル席、座敷席、ソファー席、掘りごたつ席とバラエティーに富んでいます。

山賊鍋のすすめ料理は、店舗名になっている通り鍋料理になります。
鍋料理は、一人前と表示されていますが、()書きで2~3人前と書いてあります。
2~3人前が正しい量です。

鍋料理以外にも、山賊鍋には和食系のメニューは揃っています。
サイドメニューの唐揚げや揚げ出し豆腐もおすすめです。

平日は予約ができますが、週末は予約はできません。
土日は、満席で待つこともあります。

メニュー
山賊鍋、海賊鍋  各2300円(2~3人前)
その他鍋     2200~3000円(2~3人前)
御膳       1280~2000円
ランチ      680~950円
その他 寿司、刺身、唐揚げ等

店名:本家 山賊鍋 久留米店
住所:福岡県小郡市光行1050-1
電話:0942-73-3688
営業:11:00~21:45(LO 21:00)

work_outlinePosted in 和食

函館グルメ回転ずし 函太郎 三井アウトレットパーク木更津店

函館に本店がある回転ずし『函太郎』。
地元北海道や東北では馴染みのある人気店ですが、全国での展開はまだ多くはありません。

函太郎は東京駅にも店舗がありますが、立ち食い形式且つややお値段もはるので、敷居が高いと感じる方も…。

ところが、関東にたった1店だけ”回る”函太郎が!
木更津のアウトレットパーク内にお店を構えているのです。

函太郎の特徴は、なんと言ってもネタ・シャリ共に大きいこと!
ひと口では食べきれないようなボリュームなので、想像していたよりもお皿の数が増えないかもしれません。

確かに100円寿司よりは割高ですが、お寿司自体が大きい分、想像より早く満腹になり、「思っていたよりも安かった」と会計時に感じることが多いです。

ネタは全国から取り寄せているそうですが、やはりもともとは函館のお店というだけあって、サーモンやイクラなど、北で獲れる魚が特においしいと感じます。

とは言え、お寿司はどのネタを食べてもおいしいため、一番おすすめしたいのは茶碗蒸し(285円)。
北国の茶碗蒸しは、銀杏ではなく栗の甘露煮を入れる地域が多いのです。

ほんのりと甘い栗に届いた時の、あの嬉しさと言ったら…(涙)。
北国出身の自分としては、栗入りの茶碗蒸しを食べると、実家に帰って来たような、ほっこりとした気持ちになれるのです。

「栗入りの茶碗蒸しなんて、ちょっと想像がつかない」と思う方も、買い物がてら、函太郎でぜひお試しください!

店名:函館グルメ回転ずし函太郎 三井アウトレットパーク木更津店
住所:千葉県木更津市金田東3-1-1
電話:0438-53-8241

work_outlinePosted in 和食