とんかつ八千代、豊洲にある海鮮と絶品フライ定食の食堂

店名:とんかつ八千代
住所:東京都江東区豊洲6-6-1
電話:03-6633-0333

かつての築地市場には魚の卸売り市場であったころから新鮮な海鮮が食べられる寿司店などが多く立ち並んでいますが、実は海鮮だけではなく揚げ物のフライ定食を美味しくいただける名店があります。

それが、とんかつ八千代であり、様々な種類のフライ定食を食することができ築地においても知る人ぞ知る店でもあるのです。
とんかつ八千代でのオススメはいくつかあるので紹介していきますと、築地ならではの食品もあり面白いのです。

まずは車エビのフライ定食がオススメで、新鮮かつ大きな車エビをフライにした一品であり、これほど大きくてプリプリの車エビを楽しめるのは「とんかつ八千代」ならではの品だと感じさせてくれます。

値段は1600円と高く感じますが、価格を上回る満足感を味わえるのでオススメです。
「とんかつ八千代」では車エビのフライ定食などの海鮮だけでなく、曜日限定の定職が存在しています。

それがチャーシューエッグ定食であり、トロトロの柔らかいチャーシューとよく染み込んだ味が絶妙な配合となってかなり美味しさとなっています。

このチャーシューエッグ定食はその味を提供するために煮込み時間を多く摂っているので曜日限定の定職となっており、まさにレアな定食といえるでしょう。
価格は1300円となっており、値段以上の満足感を味わえる一品となっています。

work_outlinePosted in 揚物

ラーメン大学、大阪梅田にあるコスパのいいラーメン店

店名:ラーメン大学
住所:大阪府大阪市北区芝田2丁目2−8
電話:06-6372-3200

ラーメン大学は、梅田にある飲食店とは思えないレトロな店構え。
人によっては都会のオアシスに感じるかもしれません。
個々のお店の特徴は、ボリュームが凄いところ。

ラーメン大学はラーメン屋なのですが、どちらかというとヤキメシが人気です。
私のおすすめもヤキメシなのですが、初めて行く人は単品で頼んだ方が良いと思います。
おそらく、その量に驚くと思いますから。

ヤキメシの量ですが、本当に文字通り山盛りって感じです。
幅も高さもあって、食べ応えは十分です。
食べても食べても、なかなか減らないなと思ったぐらいですから。

ちなみにラーメン大学の人気の理由は量だけではありませんよ。
味も良いから支持されるんです。

ご飯がパラパしていて、濃い味のヤキメシ。
いかにもラーメン屋のヤキメシって感じで、めちゃくちゃ美味しいです。

単品だと600円で食べられるんですが、かなりお得だと思います。
ちなみにラーメンとのセットだと900円。

ラーメンですが、量的には普通です。
味は醤油と味噌から選ぶことができます。

ヤキメシが濃い味なので、私は醤油を選ぶことが多いですね。
もちろん味噌も美味しいですけど。

ラーメンとヤキメシのセットは、大食いな私でも満足感が半端なかったです。
ラーメン大学、がっつり食べたい人におすすめです。

work_outlinePosted in 麺類

楽一楽座 安城店、愛知県安城市にあるお腹一杯になれるとんかつ屋

店名:楽一楽座 安城店
住所:〒446-0045 愛知県安城市横山町浜畔上64-1
電話:0566-76-0075

愛知県で6店舗営業しているとんかつ屋チェーンの安城店です。
楽一楽座の店内はテーブル席や座敷が多くあり、流れているBGMも落ち着いた感じの物が流れていていい雰囲気で食事ができます。

楽一楽座のメニューは、ロースカツ、ヒレカツ、エビカツなどがあり定食で1000円~1700円くらいの価格設定になっいます。
どれも衣はサクサクで中はジューシーでご飯、味噌汁と大盛りのキャベツがついています。

また楽一楽座はご飯、味噌汁、キャベツはおかわり自由なので大変満足できます。
若い頃はおかわり自由なので友達とよく通い何杯もおかわりをよくしていました。

なかでも自分の楽一楽座おすすめはエビカツ定食をおすすめします。
メインのとんかつも凄く美味しいくすてがたいのですが、自分はいつもエビカツ定食を頼んでいます。

エビカツはエビのすり身をあげてある感じなのですが、エビの香りや食べた時の歯ごたえがよく、エビの風味だけでなくエビ本来の美味しさが凄く感じられ大好きです。

注文を聞きに来てくれる楽一楽座の店員さんは、たぶんアルバイトの女性の方が多いと思うけど、落ち着いた雰囲気の方が多く接客態度とかもよく好感がもてます。

work_outlinePosted in 揚物