自動車保険の種類と必要性

皆さんご存知の通り、自動車保険には大きく2種類あります。
任意保険と自賠責保険です。
自賠責保険に加入することは法律で定まっているので強制力がありますが、任意保険は基本的には自由です。

ですが、日本には今ほとんどの家庭に自動車があり、特に都会では車が間断なく走っています。
なので、当然自動車絡みの事故は起こりますし、自分が加害者になることも低い確率であるとも言えないのです。

特に、相手が歩行者や自転車で事故を起こし、重傷を負ってしまった場合は自賠責保険だけでは損害に対する賠償は余程お金持ちでない限り償えきれない程の額になります。
今や任意保険への加入は自動車を持っている人にとってはほぼ必須条件だと言えるでしょう。

その任意保険もまた3つの種類に分けられます。
「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」です。

さらに賠償責任保険と傷害保険には細かく種類があるのですが、ここでは割愛します。
自分の運転に心配がある人はすべての保険に加入してもいいと思いますし、お金に余裕のない人は「せめて賠償責任保険だけでも…」という考え方もいいと思います。

実際に申し込みをされる際は、店舗などに直接相談に行くことも方法ですが、インターネット保険料の比較サイトなども有効に活用することをおススメします。

コメントは受け付けていません。