いざというとき本当に役に立つ保険!!

過去に私は自分の車の保険を事故で3回使っています。
保険は本当にいざというときのために必要です。
事故はどのタイミングで起こるか全くわかりません。
右折しようと車をゆっくりと右に寄せているときに後ろからトラックに当てられて、車が壊れても自分が少しでも動いていたら、100%相手側の責任にはならず自分にも責任がきます。そうすると不意に起こった事故のせいで車を新たに購入、もしくは修理しなければならないときに、自分の負担が発生します。
全く納得の出来ないことですが、仕方のないことなのです。
相手が止まっていて、自分が居眠り運転をして追突事故を起こした場合は、100%こちら側に責任になります。
そうした場合、絶対に保険を使わなければ、支払う金額で自分がやられてしまいます。
額が半端ないです。
保険を使うことで、月々の保険料はあがってしまいますが、そこは我慢することです。
保険を使ってから一年間無事故でいけば等級はあがりますので、徐々に月々の保険料は下がります。
自動車保険は使わなければ無駄に終わってしまいますが、やはり保険の特性もあり、いざというときのことを考えると安心するために必要なものだと思います。
月々の保険料の支払いを抑えたいのであれば、無事故で運転していくしかありません。
何年か運転していると保険料は下がります。
しかし、いつ事故に遭うのかは誰にもわからないので、その時のためにお金を積み立てるという意味でも保険は重要です。

コメントは受け付けていません。