車の維持費と安い自動車保険

車の装備は結構お金がかかりますね。

h1

車の屋根につけるもので、ルーフバーがありますが、その種類の多さにびっくりしました。
カー用品に行けば、自分の車の上につける部品なんていくらでもあると思っていましたが、ほとんどが合わないものばかりで、一点だけ自分の車に合う、スキー用のバーを発見しました。

普通のバーだけのものは、値段が高いのでスキー専用のモノにしました。
本当は、ついている金具は全て同じもので、占め具合で調整しているのだと思っていました。
なので、金具は予想外の出費になりましたね。

子供と一緒にスキーをする為に買ったのですが、この部品がとても高いので目が飛び出ましたね。
車につける部品は、専用のもので4つ1組でだいたい3000円くらいしました。

金具1つ(4つ)にお金をかけるのに、とても抵抗がありましたね。
仕方なしですが、金具を買ってバーを買って値段は全部で1万円くらいで収まりました。

店員さんと話をしながら、部品を選び、車に合った部品を探してくれました。
念願のルーフバーをつけたことで、思い切ってスキー板を全開で乗せて走ってみましたが、思ったよりも風切り音がなくて良かったです。

外付けの商品は、外れたりするのが怖いですね。
事故やケガのないように、整備だけはしっかりしないといけませんね。

車で燃費良く走る方法

h2

私は良く、車で遠出をします。
平日はもちろん、仕事が休みの時でも1時間くらい車で走り回るのはしょっちゅうです。

だからこそ気になるのは、燃費の良い車の走らせ方。
効率良い走り方って、ご存じですか?

良く言われているのは、急停車・急発進は止めて赤信号になれば、あるいはなりそうなら惰性で運転してゆったりとブレーキを掛けること。
車体を重くしないこと、スピードを上げすぎないことなどでしょうか。

あと、私は長距離を走るので、その場合は普通のガソリンよりもハイオクの方が燃費が良い気がします。
以前、レギュラーガソリンで走行していた時には日曜日に入れたガソリンが、木曜日にはもう空近くになっていました。

それをハイオクに切り替えたところ、1週間に2度ガソリンを入れていたのが、1週間に1度で済むようになったのです。
ガソリン代も、ハイオクの方が1ヶ月単位で見ると安くすんでました。

今ではガソリンはかなり高くなってしまい、この方法を採るのは難しいのですが、他にもクーラーをかけすぎないとか、空気圧はマメにチェックするとかあると思います。
ですが、これぞ!という決定的な効率的走り方って見つからないですよね。

車の燃費は会社が発表したものと、自分が走ったものとでは5km/L以上の差があるので、何とかそれを埋めたいと現在努力している最中です。
早くこれぞ、という走り方を見つけたいです。

燃費に良い軽自動車は人気が高いです

h3

車で今流行りのものは、燃費の良いものです。
実際に燃費の良い車として有名なものが、「スズキのアルト」「ホンダのインサイト」「トヨタのアクア」が上位に挙がっています。

他にも、「ダイハツのミライース」や「ホンダのフイット」も上位ですね。
アルトやインサイトやアクアは、走行距離の実走が20キロを超えていて、乗り方次第では30キロも夢ではないとされています。

カタログ表示の走行距離とはまた違うので、その実際の走行距離は気になるところですね。
調べてみたところ、実際に乗っていたという実走距離を記録しました。

日産マーチで実走距離がリッター約13キロ前後で、ホンダのフィットで実走距離がリッター約16キロ、マツダのMPVで実走距離がリッター約7キロとなっています。
マツダのMPVになると、中の空間が広い分、やはり燃費も悪くなるということなのでしょう。

どのメーカーの車でも、大きくなると燃費も大きくなるということなのです。
燃費や、経費を考えるのであれば軽自動車ですが、軽自動車で満足出来ないのであれば、今乗るべき車はコンパクトカーだということでしょう。

今は、1000CC~1300CCの車が、一番の売れ筋商品ということですので、一度検索してみて検討してみてはいかがでしょうか。

自動車保険を少しでも安くするなら

h3

車の保険を安くしたいと考えている方は、インターネット割引が行える損保会社を選ぶのが良いかと思います。
いわゆる、ダイレクト販売方式といものです。

インターネット割引の有無は安い自動車保険を目指す方にとって重要です。
割引額がかなり高いため、内容は充実しているのにとんでもない安さで加入できるということもあるのです。

インターネット専門の保険会社は、通常の損保と差別化したいと考えています。
そのためインターネットからの申込みで割引を行っています。
高いところでは1万円程度の割引が期待できるでしょう。

安い自動車保険に加入している方は、大体ネット割引を利用しています。
ネット割引を使うことによって、保障内容はそのままでかなり安く加入することができるからです。

保障内容を見直せば、さらに安い保険を作ることもできるでしょう。
そして、その額は決して低いものではありません。

ネットの自動車保険は対応が良くないという情報もありますが、決してそんなことはありません。
安いだけがウリではなく、事故対応やロードサービスも充実しています。
素早い対応力で解決してくれますので、加入して良かったと感じられるはずです。

自動車保険をもっと安くしたいと思ったら、まずネット割引が適応できる会社を選びましょう。
その上で車両保険を削れるかどうかを考えれば、かなり安くできると思います。
これはおすすめです。

参考:東京海上日動火災 自動車保険の評判・評価・口コミ

東京海上日動火災の自動車保険の事故対応に満足

私が東京海上日動火災の自動車保険に加入したのは、以前の保険に満足をしていなかったからです。
それは事故対応についてです。

最も頼りにしている保険の担当の方が、頼りにならなかったということです。
一番保険に加入する目的としては、やっぱりその事故対応に満足できるかと言うことだと感じます。

そのため、友人から評判を聞いて、東京海上日動火災の自動車保険に加入をすることにしました。
そこには、以前から加入をしたいと思っていたのです。

それはなんといっても、評判が良いからです。
そのため、その信頼をすることができる保険会社であると思っていたのです。

そしてやっと、信頼をすることができる東京海上日動火災を見つけることができたと感じました。
それは、事故を起こしてしまった時にわかりました。

その時に、素早く駆けつけてくれたのです。
しかもその後の対応もとてもスムーズです。
相手の人にも納得をしてもらうことができたのは、対応が良かったからだと思います。

そのため、東京海上日動火災は事故対応についても安心して任せることができると感じます。
その後は、事故を起こしていません。

しかし、もしもの時に頼りになる担当者がいると思うと、とてもこころ強いです。
そのため、車にも安心して乗ることができます。
そのことは、とても幸せなことであると思っています。